男女

相続対策や相続税対策をしておこう|家族に多くの財産を残す

専門家を尋ねる

握手

相続対策での注意点

人が亡くなった場合にもっとも重要なことの一つに相続の問題があります。特に資産家の人が亡くなった場合には相続の問題が非常に重要で場合によっては兄弟や親族間で骨肉の争いに発展する場合があります。そのような無用の争いを避けてスムーズに相続するにはやはり事前の準備が大切です。その場合に非常に頼りになる士業と言えば弁護士になります。相続の相談をするには、まずは弁護士に相談すると様々なアドバイスを得られるはずです。遺言書の相談などが一般的ですが、それ以外にも生前贈与など法律家としてのアドバイスを得られるでしょう。最近では弁護士会などが無料相談しているケースもあります。ただし、相続税などの相談は弁護士は必ずしも得意では無いので注意が必要です。

税理士に相談するメリット

やはり相続税などの税金対策については税務のプロである税理士に相談するのが良いでしょう。税理士は税金のプロフェッショナルなので、様々なアドバイスを得ることができます。特に節税対策としては税理士に相談するのが、最大のメリットと言えるでしょう。遺産の額によっては莫大な相続税が課され、相続税を払うために資産を処分しなければならないケースもあります。そのような事はできれば避けたいものです。そういう意味でも税理士への相談は非常にメリットがあります。つまり、相続に関して相談する士業としては弁護士と税理士がおり、それぞれ得手不得手があるので、2つの士業を有効に活用することが相続のポイントとなります。そして、いざという時に備えて、できるだけ事前準備が大切です。