男女

相続対策や相続税対策をしておこう|家族に多くの財産を残す

相談先の選び方

女性

相続が発生

相続が発生すると、面倒かつ厄介な手続きが次から次へと降りかかります。銀行口座の凍結、各種届出、遺産分割、登記、税金などなど。お役所のパンフレットを見て頑張ろうにも実に分かりにくく不親切な説明の仕方をしていますから、とてもではありませんが素人がすべて自分で解決するには困難です。そんなときに頼りになるのが専門家たちの存在です。最近は相続税対策の過熱からか、弁護士、行政書士、司法書士、税理士など様々な専門家たちが「相続に関する相談は何でもお任せください」と謳っています。ただ相談先がたくさんあるのは良い事ですが「どこに相談すればいいのか」ともなってしまいますよね。しかもそれぞれ専門分野が違います。そのことを踏まえながら、専門家の選び方を後述します。

それぞれの得意分野

まず税理士はその名の通り税金の専門家ですから、当然相続税に関することならここです。行政書士は話し合いはつきそうだけれど第三者の立ち合いが欲しい場合や書類の作成を依頼したい場合です。争いまで発展する可能性が低いときは、料金も安めなのでお勧めです。司法書士は登記を依頼したい場合です。また相続放棄を考えている場合などですね。ちなみに相続放棄は裁判所が絡みますので、司法書士か弁護士しか扱えない事案です。たまに「相続放棄はお任せください」と言っている行政書士がいますが、行政書士が扱うと違法になります。そして弁護士は相当こじれて本人たちだけでは解決できそうにない場合です。ただどこに相談するにしても、何をしてほしいのかをはっきりさせること、できるだけ早めに相談することが重要です。なぜなら手続きには期限があります。