女の人

相続対策や相続税対策をしておこう|家族に多くの財産を残す

相談先の選び方

女性

相続税対策の過熱から相続の相談先が多様化しています。ただしどんな時にどこに相談すればいいのかが分かりにくくなっています。そのためにはそれぞれの得意分野を知る事、何を依頼したいのかをはっきりさせる必要があります。

もっと読む

専門家を尋ねる

握手

相続に関して相談する士業としては弁護士と税理士がいます。弁護士は遺言書の作成など法的な相続手続きのプロフェッショナルです。しかし、税金対策は得意ではなく、そこでは税理士への相談が有効です。つまり、弁護士と税理士をうまく使って相続対策することが大切です。

もっと読む

問題の対処方法

ウーマン

弁護士は幅広い法律問題に対応できる権限を有していますので、相続問題で相談したいことがある場合は、弁護士の利用をおすすめすることができます。また、自分の代理人として動いてもらうことができるため、重宝することができます。

もっと読む

家族の幸せを願う

スーツの人達

自分が死んでしまったら大事な財産は家族や身内に相続されます。しかし、財産すべてではなく、税金が発生し差し引かれるのです。この税金はできるだけ減らしたいと誰もが考えるでしょう。では相続対策や相続税対策はどうすれば良いのか調べます。まず、多くの人が行っている相続対策や相続税対策の1つとして、現金を物に変えています。どういうことかというと、現金でマンションやアパート等を購入し、財産をお金から物件に変えるのです。ではなぜこのようなことが相続対策や相続税対策になるのかというと、税金の対象となる評価額を下げられるからです。例えば現金5000万保有して亡くなった場合、そのまま税金の対象になる評価額になりますが、無くなる前に5000万の物件を購入した場合、3割程度の評価額が下がります。この場合ピッタリ3割で計算すると3500万になり、この金額に税金がかかるのです。また、このような相続対策や相続税対策は現金以外に土地でも同じ効果があります。空き地にしておくよりもマンションやアパート等を建てたほうが相続する時の税金が下がるのです。このような、相続税対策は不動産会社も活用しています。対策するのは税務上、問題がないか心配になる人は税理士と相談しながら対策することをおすすめします。もちろん時間がかかり、面倒な手続きも増えてくることです。しかし、しっかり対策することで大幅な節税が可能になるので、多額の貯金を保有している人にはおすすめの方法だといえるでしょう。